【美容・健康】仕事中に空腹を感じたときのおすすめ行動3つ

こんにちは、えみりです。

皆さんは仕事中、おやつって食べますか?

わたしは残業になることも多いため、夕方になるとどうしてもお腹が空いてしまいます。

業務が一段落してホッとするから余計かもしれません。

とはいえ、美容や健康、ダイエット的にはできれば間食はしたくないですよね~。

ということで今回は、できるだけヘルシーに仕事中の空腹を乗り切るわたしの対策方法をご紹介したいと思います。

【空腹対策①】水分補給

お腹が空いているのではなく喉が渇いているだけかもしれません。

まずはタップリの水分補給を。

わたしは夏は常温のお水、冬はお湯を飲んでいます。

気分転換したいときは、ハーブティか紅茶、できるだけデカフェ(カフェインレス)のものをとるようにしています。

【空腹対策②】早歩きする

メンタリストDaigoさんによると、15分の早歩きをすると食欲を抑えられるとのこと。

秘書という仕事柄、他部署に用事があることも多いため、空腹を感じたら動きのある仕事を集中的にやるようにしています。

これで食欲はだいぶ抑えられます。

【空腹対策③】果物(フルーツ)を摂る

①と②を実践したけれど、やっぱり何か食べたい!

そんなときは果物(フルーツ)を食べましょう。

果物(フルーツ)には、酵素・ビタミン・ミネラル・食物繊維など多くの栄養素が含まれていて、ヘルシーおやつにはピッタリ!

とは言っても、仕事中にりんご剥いたりできませーん!ですよね (^_^;)

そこで、おすすめなのがみかんです。

みかんなら、持ち歩きもでき、皮も手で簡単に剥けるので仕事中でもOK!

手軽に食べられるので、こまめに栄養補給ができます。

しかもみかんには下記のような効果が期待できます。

  • 美肌効果
  • 抗酸化作用
  • 免疫力アップ
  • 疲労回復
  • 便秘予防

などなど・・・他にもたくさん。

実際、わたしは毎日みかんを食べるようになってから一度も風邪を引いていません
(ちなみに一日2~3個食べています)

毎年この時期になると、風邪や扁桃炎が長引いて辛かったのがうそのようです。

みかんって本当にすごい…。

長期保管ができて便利なドライフルーツという手もありますが、栄養素が減ってしまう上、量に対する糖質が多く高カロリーなのであまりおすすめできません。

みかんを食べているととってもいい香りにつつまれて、リフレッシュもできますよ (*^^*)

仕事中の空腹対策まとめ

疲れてくるとどうしても甘いものに手を伸ばしたくなりますよね。

そんなときは、①水分補給→②早歩き→③果物(フルーツ)を摂るの順で実践すればヘルシーに乗り越えられます。

ちなみに、みかんは緑茶といっしょに摂ると冷え性が改善されるそうです。

冷え性さんはぜひ緑茶といっしょにどうぞ (^^)

わたしはいつも有田みかんを箱買いしています↓

SNSでもご購読できます。

人気の記事